健診を受診勧奨することのメリット

健診を受ける大きなメリットの一つとして、助成があるということです。つまり、支払う金額が少なく、病気の有無を調べられるということです。健診は、市町村等の自治体が主体となり行っているものがあります。多くは、国民健康保険に加入している方々です。無料で行うかどうかは各自治体によって異なることはあるかと思いますが、低額です。その他では、会社で雇い入れの時や一年の一回若しくは、半年に一回のペースで健診を行っています。これは、労働安全衛生法で決められており一定の基準を満たし者に対して行われる健診です。検診の受診勧奨は、病気の早期発見と早期治療は勿論であり、さらには、他者に対する感染予防等も含まれています。最近では、メンタルヘルスにも力を入れて始めている様にも感じられます。健康で継続的に就労してもらうことを目的に国は勧奨しています。

ガン健診の受診勧奨をする理由について

現在我が国では、国民の約半数が“がん”になり、その3分の1が亡くなっています。しかし、がん健診を受けることで、がんが原因の死亡を今までよりも減らすことができます。国では、がん検診の受診率を上げることを目標に、がん検診を推進しています。我が国では、大腸がんや胃がん、肺がんが多く死亡率も高い状況です。定期的に健診することで早期に治療をすることができます。現在、市町村によっては健康増進法に基礎としてがん検診を実施しているところが多いです。また、ほとんどの市町村が行う検診の費用は公費で負担していることが多く、少額の自己負担で受けることが出来ます。以前は、がんは不治の病としていましたが、医療技術の進歩もあり早期発見し早期治療をすることによって完治することができ、さらに予防もすることができます。そういった観点からも国は健診の受診勧奨をしているのです。

特定健診の受診勧奨する理由について

特定健診の受診勧奨をする理由は、健康づくりに役立てられるということです。特定健診は、早期発見・早期治療という視点から予防を重視した内容となりました。病気にならない為に、食事の内容、運動、質のある睡眠等の生活習慣を見直すきっかけとする方も多いです。病院を受診する理由4割が生活習慣に関係し体調を崩している方です。つまり、生活習慣を見直す事ができれば、病院を受診する回数を減らす事ができます。病気の予防ができれば医療費を減らす事ができます。そして、続けて受ける事によって健康管理が出来ます。もし、万が一検査内容で異常や改善しなければならない点があれば保健師などから指導を受ける事ができます。自覚症状が無いから、不調がないからと言って健診を受けないのではなく、しっかりと計画をたて、自己管理する事も社会人としての役割だとおもいます。以上の事が特定健診の受診勧奨する大きな理由です。