健診で受診勧奨と言われたらどう対応したら良いか

健診を受けて受診推奨と言われた場合、大抵は「病気と確定するまで黄色信号」というケースに当てはまります。自覚症状が無くとも数値に異常があったり、薬が必要となるほどでは無いにしろ異変が有ったり、という場合です。いずれにせよ受診勧奨と言うのは受診者の健康を考えての勧めですので、素直に病院に行くのが一番です。健診によって難病が見つかり、早期発見出来たお陰で大事なく治療できたというケースは決して少なくありません。むしろ割と頻繁に起こっている事です。確かに病院に行かなければならないという強制ではありませんが、どう対応したら良いか、という問いについては、勧められたら可能な限り速やかにかかりつけ医、或いは専門病院で受診してより詳しい検査及び医師の診断を受けてください。貴方の命が救われるかどうかの転機かも知れません。

健診で受診勧奨と言われてもどうすれば良いのか

健診の結果受診勧奨された場合、一番良いのは病院に行く事ですが、実際に受診勧奨をされた場合にどの病院に行けばいいのか困った事は無いでしょうか。それを解決する為に一番確実で早い手段は、健診を行った医師あるいは医療機関に聞く事です。確実に原因を知りたいと言うのであれば、多少手間はかかりますが最寄りの総合診療科が何処にあるかを調べ、そこに結果を持ちこむというのが確実かと思われます。自分の知識に自信があるなら、それこそインターネットで症状と原因を検索して調べるのも良いでしょう。もし健診がかかりつけ医以外の病院であったなら、かかりつけ医に相談するというのも良い方法です。いずれにせよ面倒だから、分からないから、そもそも病院に行きたくない等と理由を付けて放置するのが一番危険です。

健診で受診勧奨と言われるのはどういう理由か

健診の結果受診勧奨と言われる理由は何でしょうか。そもそもの話として、健診が有用とされている大きな理由の一つに、時間経過による変化を見ることが出来るというものがあります。これは単なる数字では測れない、個人によって異なる「その人にとっての平常値」を割り出すものです。例え一般には高血圧と言われる人であっても、その数字のまま何年も安定しているのであればそれはその人の特性であって病ではありません。受診勧奨をされるのは、一般平均値との比較に加え、「その人にとっての平常値」から逸脱した場合にも行われます。例え数字の上では平常の内であったとしても、本人にとっての平常値から大きく変動していればそれは立派な異常です。そしてそのような「平常値内の変化」は非常に気付きづらい物であり、翻って判明しにくい病の前兆である事が多いのです。

弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 多様化する企業における健康管理の課題を解決いたします。 働く女性の健康支援、被扶養者健診等をお任せ下さい。 初期設定からデータ移行、運用サポートも行います! 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 健診を受診勧奨するウェルネス・コミュニケーションズまで